必要な社員数

一般社団法人の設立に必要となる社員数について

世の中には様々な活動を行っている団体が存在していますが、その内営利団体は設立が比較的容易であるという特徴があります。一般的な事業目的であれば株式会社や合同会社が主な選択肢となりますが、これらの場合には必要書類を作成して所轄の法務局に提出することが法人設立のための要件となります。この様な手続きにはある程度の資金が必要になるのは事実ですが、要件を満たしていればどのような事業目的の団体であっても法人化を行うことは難しいものではありません。しかし非営利活動を行う団体の場合には近年になるまではある程度高いハードルが存在していたのです。

例えば非営利活動を行う法人としてはNPO法人が代表的な存在となっていますが、この法人設立の場合には法律によって定められた事業内容に合致している必要があります。また設立要件も厳しく小規模な活動では法人化が難しいのが実情だったのです。
その様な状況が一変するきっかけになったのが近年になって設立可能になった一般社団法人の存在です。この一般社団法人は非営利団体に分類される団体が作ることが出来る法人としては最も制約の厳しくないものであると言えるでしょう。一般社団法人となるために必要な事業の内容や目的と言うものは存在しておらず、設立時に二名の社員がいれば良いという仕組みも他の法人格に比べると緩やかであると言えるでしょう。

この社員も後に一人になってしまったとしても法人格が廃止されることはありません。そのため協力者がいれば実質一人であっても法人格を得るkと尾が出来る仕組みになっているのです。この仕組みは何らかの事情によって法人格を必要としている人にとっては非常に重要なテーマであると言えるでしょう。

一般社団法人の存在は通常の企業で言うと株式会社と同じくらいの手続きが必要であると言えます。しかしその様な手続きの多くは外部の専門業者に全て委託することが出来ますので必要以上に気にする必要はないと言えるでしょう。主に司法書士等の専門家がこの様な手続きについては熟知していますので上手に頼ることで無理なく法人格を入手するのが賢い方法であると考えられています。一般社団法人であっても審査によって公益性が高いという判断を受けることが出来る事業においては個別的に課税免除の対象になることがあります。この認定を受けることがあればNPO法人と部分的には同じ扱いを受けることが出来るようになります。この様な仕組みが存在しているのです。